債券
主な取り扱い
日本国債 個人向け国債 変動10年 期間10年の債券。利率は半年毎に変動します。額面1万円よりお買い求めいただけます。中途換金の際、直近2回分の税引後利子相当額が売却金額より差し引かれます。
固定5年 期間5年の債券。利率は発行時に設定されます。額面1万円よりお買い求めいただけます。中途換金の際、2回分の税引後利子相当額が売却金額より差し引かれます。
固定3年 期間3年の債券。利率は発行時に設定されます。額面1万円よりお買い求めいただけます。中途換金の際、2回分の税引後利子相当額が売却金額より差し引かれます。
社 債 日本の企業が発行する債券。日本国債よりもリスクが高い一方で、比較的高い利回りが期待できます。
外国債券 ユーロ、ブラジルレアル、南アフリカランド等の外貨建による債券です。
仕組債 日経平均株価等の指数や外国為替レートに連動して条件が変動する債券などがあります。

残高等に限りがあるため、ご要望の債券をご用意できない場合があります。あらかじめご了承下さい。

主要リスク
価格変動リスク

途中売却の場合には、売却時の債券市況や金利水準により、債券の売却価格が変動し、損失を被ることがあります。

金利変動リスク

金利の上昇等による債券価格の下落により、損失を被ることがあります。

為替変動リスク

為替相場の変動により、お受取り金額は増減し、損失を被ることがあります。

発行者の信用リスク

発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、元本や利息の支払能力(信用度)が変化し、損失を被ることがあります。

流動性リスク

市場環境の変化により流動性が低くなることも考えられます。極端な場合には、店頭取引において、買取が行われなくなる可能性があります。

カントリーリスク

発行通貨国の政治・経済・社会情勢の混乱等により債券の売買が制限されることなどから、損失を被ることがあります。